その他サービス企業型確定拠出年金の導入支援

プリモポストが
選ばれる5つの理由
取締役1人でも
加入可能商品
金融機関
出身者が対応
オンラインで
相談&導入
相談は
何度でも無料
無理な
勧誘なし
1. 取締役1人でも加入可能
大手銀行や証券会社が取り扱わない、
小規模事業者でも導入できる企業型確定拠出年金プランを準備しております。

2. 金融機関出身者が対応
損保会社や証券会社で業務経験がある専門家が、企業型確定拠出年金の導入支援をさせていただきます。

3. オンラインで相談&導入
全国の小規模事業者・中規模事業者に対応。ご相談から導入まですべてオンラインで完結できます。

4. 相談は何度でも無料
気軽に何度でもご相談ください。相談料は一切発生いたしません。

5. 無理な勧誘なし
導入のタイミングは事業者ごと。好きなタイミングでお申込みください。
組織・団体のニーズにあった
導入形態をご提案いたします
ご相談のフロー
① お申し込み

お問い合わせフォームから
相談予約をお申込みください

 
② 導入準備

厚生局への届出書類を
準備いたします

 
③ 従業員向け勉強会

確定拠出年金への拠出にあたり、必要な知識を学びます

 
④ iDecoの解約準備

iDeco加入の方は
資産を企業型に移します

 
⑤ 拠出開始

約半年後に企業型DCの拠出が開始します

導入されたお客さまの声
今まで知らなかったことを丁寧に教えてくれる。
キーワード:
初めて知った
事業内容 :
医療法人(歯医者)
エリア  :
東京
歯医者と歯科衛生士のイメージ
賃金値上げのためにそのまま給与をあげても社会保険料負担も増えるので、何か良い手がないか探していたところプリモポストさんと出会いました。従業員向けにZoomを介して勉強会も実施いただきました。役員の退職金作りはもちろん、従業員向けの福利厚生や採用時のPRにつながるので導入ができてよかったです。
独立して1人で加入できると思っていなかった。
キーワード:
一人企業
事業内容 :
コンサルティング
エリア  :
東京
コンサルタントのイメージ
長くサラリーマンとして働いていたこともあり、確定拠出年金に拠出したお金が随分たまっていました。独立後、個人型のiDecoだと23,000円までしか拠出ができないため、どうにかできないか悩んでいたところ、ほけんYoutube予備校の動画経由でこちらに相談しました。金融機関出身者が対応してくれるので、安心して導入手続きをすすめられました。
アメリカでは一般的だった。
キーワード:
日本でもできた
事業内容 :
デザイナー
エリア  :
埼玉
デザイナーイメージ
長年アメリカでデザイナーとして働いていたが、諸事情により日本に帰国してアメリカの仕事を続けることに。アメリカでは私も同僚も企業型DCのマッチング拠出で当たり前のように老後資産をためていた。一人で働いているのでiDecoしかないと思っていたが、税制面のメリットが大きい企業型DCを始められると知ったので導入することにした。
55,000円拠出しても損と感じない。
キーワード:
所得税控除
事業内容 :
事務代行業
エリア  :
北海道
50代経営者のイメージ
地元の銀行から話を聞いたことがなく、なんで早く導入して始めなかったのかと後悔をしている。役員報酬として55,000円上乗せでもらっても、1万円以上税金が取られて無くなってしまう資産が丸々自分の資産になる。また、退職所得控除の使い方は非常に参考になった。その時になったら、気を付けてお金を引き出したい。
役員報酬を上げるよりメリットが大きい。
キーワード:
役員報酬の引き上げ
事業内容 :
賃貸業
エリア  :
東京
賃貸経営者のイメージ
企業型確定拠出年金を自社で導入できるということをまず知らなかった。導入にかかった総額の費用は20万円ぐらいでしたが、役員1人が満額55,000円支払うだけでも1年で十分回収ができるので、導入を判断。最終的には役員3名と、従業員が5名程度拠出することに。決算期後のタイミングを見計らい、役員報酬を調整して導入したので、会社の負担減と役員個人の節税に役立ちました。
従業員から入れて欲しいと依頼を受けた
キーワード:
従業員からの要望
事業内容 :
広告業
エリア  :
神奈川
新人従業員のイメージ
転職してきた従業員に企業型確定拠出年金の制度がないのか尋ねられ、初めて調べることに。役員はiDecoに加入だったので、特にこれ確定拠出年金で対応は不要と思っていたが、従業員が10名以下の小規模事業者でも、企業型確定拠出年金が導入できると初めて知った。PP社に試算をしてもらって、経済面のメリットが大きいと判断し、導入ど決断しました。
アニメーション動画で確定拠出年金を学ぶ
確定拠出年金について”ざっくり”学ぶための動画を準備いたしました。約3分に分割した動画ございます。
後日ご覧になる方は、ぜひチャネル登録のうえ学習ください。
確定拠出年金の”メリット”について学ぶ動画を準備いたしました。約3分に分割した動画ございます。
後日ご覧になる方は、ぜひチャネル登録のうえ学習ください。
確定拠出年金の”デメリット”についても学ぶ動画を準備いたしました。約3分に分割した動画ございます。
後日ご覧になる方は、ぜひチャネル登録のうえ学習ください。
なぜ経営者がiDecoではなく、企業型確定拠出年金を導入したほうがいいのか解説する動画を準備いたしました。
約3分に分割した動画ございます。
後日ご覧になる方は、ぜひチャネル登録のうえ学習ください。

企業型確定拠出年金の導入にあたって準備

Q. 導入にあたって必要な時間はどれくらいですか教えて欲しい。

A. 就業規則などを改定のうえ厚生局への届出を行います。手続きにはおおよそ半年かかると考えてください。

Q. 導入の費用はいくらぐらいかかるか教えて欲しい。

A. 事業者の規模によって異なりますが、おおよそ、初期費用として約20万円程度(導入一時金・導入サポートサービス費用、契約取次手数料等)を見込んでください。

Q. 導入にあたって必要な書類を教えて欲しい。

A. 導入にあたって(1)履歴事項全部証明書コピー、(2)就業規則、(3)育児・介護休業規程、(4)保険料納入告知済額領収書コピーが必要になります。

Q. 就業規則を整備していない。どなたか紹介いただけますか。

A. 提携社労士による就業規則作成サービスを約2万円程度で承っております(上記の初期費用に含まれます)。

Q. 導入にあたり、最初の打合せはどれくらい時間が必要ですか。

A. 1時間程度を目安にお願いいたします。

企業型確定拠出年金の導入にあたっての手続き

Q. 導入にかかる費用は経費(損金)で処理できますか。

A. 経費(損金)として処理可能です。念のため、顧問税理士に導入を通知ください。

Q. 導入にあたって、今加入しているiDeCoはどうなりますか。

A. 次の2つの条件に該当すれば、企業型確定拠出年金導入後でも、iDeCoに加入が可能です。(1)事業主掛金が50,000円以内の毎月拠出であること (2)加入者掛金拠出(マッチング拠出)をしていないこと。一般的には、iDeCoの個人口座を廃止し、新たに設ける企業型確定拠出年金の個人口座にお金を移します。

Q. 月々の掛金変更はいつ可能ですか。

A. 新たに設ける、生涯設計手当規程にルールを定めてください。毎月変更も可能ですが、事務負荷を鑑みた運用をおすすめいたします。

企業型DC掛金の会計処理について

Q. 企業型DC掛金の会計処理はどうしたらいいですか。

A. 掛金は給与から控除される「退職給付費用」として会計処理されます。さらに、確定拠出年金の運営管理に関わる手数料やその他の費用は、「確定拠出年金関連費用」として別途処理します。特に、小規模な事業所では、これらの掛金と運営管理手数料を合わせて「福利厚生費用」として処理することも認められています。

掛金拠出による最低賃金の考え方について

Q. 掛金拠出と最低賃金の関係はどうとらえたらいいですか。

A. 従業員が退職金の前払いとして企業型DCへの拠出を選択した場合、その掛金相当額は賃金と見なされません。つまり、掛金拠出部分は賃金計算から除外され、賃金と掛金として選択しなかった部分の合計額のみが賃金(対象賃金)として扱われます。従って、この対象賃金の合計が最低賃金基準を満たさなければならない点に注意が必要です。

企業型確定拠出年金の導入にあたって準備する物事

Q. 給与減額時の給与明細の変更はどう処理したらいいですか。

A. 給与減額を伴う選択制を導入した事業主は、給与規程の変更が必要です。また、給与明細には掛金として拠出された額が減額されていることが明示されなければなりません。従業員への適切な周知がない場合、従業員は基本給に加えて別途前払退職金が支給されるものと誤解する恐れがあります。さらに、時給制や日給制の従業員に対しては、退職金の額が給与体系に基づいて決定されることを給与規程や雇用契約で明記する必要があります。

企業型確定拠出年金の加入者資格

Q. 加入条件に「一定の勤続期間」を設定することは可能ですか?

A. 一定の勤続期間を加入資格の条件とすることは可能です。また年数は自由に設定できます。

Q. 企業型確定拠出年金の加入を希望する者のために、追加加入日を設定することは可能ですか?

A. 追加加入日を「入社直後の年1回の特定日(例: 6月1日等)」とすることは可能です。この場合、加入待機中の従業員には「代替給付」が不要とされます。

Q. 一定の年齢に達した加入者はどのように扱われますか?

A. 一定の年齢に達した加入者は、規約によっては運用指図者となるか、または退職に伴い企業型確定拠出年金から個人型確定拠出年金(iDeco)へ移換する選択が可能です。

Q. 加入資格を持たない従業員に対する代替措置は何が必要ですか?

A. 加入資格を持たない従業員には、企業型年金の掛金に代わる相当な措置として、退職金の前払いや給与の上乗せなどが必要です。

Q. 副業で働く従業員も企業型確定拠出年金に加入できますか?

A. 副業で働く従業員の企業型年金加入資格は、主雇用者による年金制度の規約に依存します。副業先での加入資格は、その企業の規約に基づくことになります。

Q. 非常勤やパートタイムの従業員の加入資格は?

A. 非常勤やパートタイムの従業員でも、企業の規約に基づき加入資格がある場合は確定拠出年金制度に加入できます。加入資格の具体的な条件は各企業によって異なります。

Q. 加入者資格の見直しはどのようなタイミングで行うべきですか?

A. 加入者資格の見直しは、企業の組織変更、法改正、市場環境の変化など、年金制度に影響を与えうる重要な変化があった時に検討することが推奨されます。

Q. 従業員が複数の雇用契約を持っている場合、どの契約が確定拠出年金制度の加入資格を決定しますか?

A. 通常、主たる雇用契約が加入資格を決定します。しかし、各企業の規約により、副業での加入が認められている場合もあります。

Q. 外国籍の従業員も企業型年金に加入できますか?

A. はい、外国籍の従業員も、企業の規約に定められた加入資格を満たしていれば、企業型年金に加入することができます。

Q. 従業員が兼職で働く場合、その人の確定拠出年金への加入資格はどう影響されますか?

A. 兼職従業員の加入資格は、企業の年金規約によって異なります。規約で兼職従業員の加入を認めている場合、彼らも年金プランのメリットを享受できます。

Q. 従業員が中途入社した場合、確定拠出年金への加入時期はどのように決定されますか?

A. 中途入社従業員の加入時期は、企業の年金規約によって異なります。一般的には、入社後即時、または一定の待機期間後に加入資格が与えられます。

事業主と運営管理機関の責務について

Q. 事業主の責務には何が含まれますか?

A. 事業主の責務には、加入者情報の通知、掛金の納付、及び加入者等への具体的な情報提供方法などが含まれます。また、資産の運用に関する情報提供も事業主の責務とされています。

Q. 事業主が確定拠出年金制度において遵守すべき行動基準には何がありますか?

A. 事業主は、加入者の利益を最優先に考える忠実義務、透明かつ公正な情報提供、適切な運用指導とサポートの提供などの行動基準に従う必要があります。

Q. 運営管理機関が遵守すべき行為準則にはどのようなものがありますか?

A. 運営管理機関は、加入者の利益を最優先に考える忠実義務、個人情報の保護、適切な情報提供などの行為準則に従う必要があります。

Q. 事業主が運用管理機関の選定を誤った場合の責任はどうなりますか?

A. 事業主が運営管理機関の選定を誤った場合、加入者の利益に影響を与える可能性があり、その責任は事業主に問われることがあります。選定プロセスの透明性と合理性が重要です。

Q. 事業主が運用管理機関との契約を解除する理由とは?

A. 運営管理機関の運用成績が長期間にわたり不振である場合、手数料が高額である場合、サービスの質が低い場合など、加入者の利益を損なう恐れがあるとき、事業主は契約解除を検討することがあります。

Q. 運営管理機関との契約で確認すべき事項は?

A. 契約では、運営管理機関の手数料、提供するサービスの範囲、運用商品の選定プロセス、報告書の提供頻度など、具体的な契約条件を明確に確認することが必要です。

Q. 運営管理機関から不適切な運用が発覚した場合、事業主の責任はどのようになりますか?

A. 事業主は運営管理機関からの不適切な運用が発覚した場合、迅速に対応し加入者の利益を守るための措置を取る必要があります。必要に応じて運営管理機関の変更や法的措置を検討することが責任の一環です。

Q. 事業主が運営管理機関の監視を怠った場合のリスクは?

A. 事業主が運営管理機関の監視を怠ると、不適切な運用が続き、加入者の資産に損失を与えるリスクがあります。これは事業主の法的責任問題にもつながる可能性があります。

Q. 事業主が運営管理機関を変更した場合、加入者への通知はどのように行うべきですか?

A. 運営管理機関が変更になった場合、加入者には変更の理由、新しい運営管理機関の情報、変更が加入者の資産に及ぼす影響などを含め、迅速かつ明瞭に通知すべきです。

Q. 運営管理機関による過誤が発見された場合、事業主はどのような対応を取るべきですか?

A. 過誤が発見された場合、事業主は直ちに運営管理機関に対して是正措置を要求し、加入者への影響を最小限に抑えるための対応を取る必要があります。必要に応じて、加入者への補償や運営管理機関の変更なども検討すべきです。

その他

Q. 確定給付企業年金などの他制度からの資産移換はどのように行われますか?

A. 他制度からの資産移換は、確定給付企業年金や厚生年金基金から企業型確定拠出年金制度への移換を含む、さまざまな形で行われます。移換には特定の要件があり、資産受入日や移換手続きが定められています。また、移換元の制度の規約や条件、移換による税務上の影響、移換後の資産の運用方法などを考慮する必要があります。移換は、加入者の将来の給付に影響を与えるため、慎重に検討することが求められます。

Q. 確定拠出年金制度において、個人別管理資産額の通知はどのように行われますか?

A. 加入者には、定期的に個人別管理資産額の通知が行われます。この通知には、運用成果や運用商品の変更情報など、加入者が運用状況を把握するための重要な情報が含まれます。

Q. 企業型確定拠出年金の加入要件に変更があった場合、どのように加入者に通知しますか?

A. 加入要件に変更があった場合、事業主は加入者に対して変更内容を書面または電子的な方法で通知する必要があります。この通知には、変更の理由、変更後の加入要件、加入者の選択肢などが含まれるべきです。

Q. 企業型確定拠出年金において、加入者の資格喪失時の手続きはどのように行われますか?

A. 加入者が資格を喪失した場合、事業主は加入者に対して資格喪失の通知を行い、必要に応じて運用資産の移換手続きを支援します。資格喪失の理由や時期に応じて、加入者は個人型確定拠出年金(iDeco)への移換や退職金制度への移行などの選択を行うことができます。

Q. 個人型確定拠出年金(iDeco)加入者の掛金納付はどのように行われますか?

A. 個人型年金加入者の掛金納付は給与天引きが可能です。また、銀行口座からの自動引き落としなど、複数の方法で行われます。

Q. 企業型確定拠出年金から個人型確定拠出年金(iDeco)への資産移換は可能ですか?

A. はい、企業型確定拠出年金ら個人型確定拠出年金(iDeco)への資産移換は可能です。移換には、事業主の同意や一定の手続きが必要になります。

Q. 確定拠出年金制度における障害給付金の支給条件は何ですか?

A. 障害給付金の支給条件は、加入者が一定の障害状態にあることを証明する医師の診断書など、規約に定められた条件を満たす必要があります。

Q. 確定拠出年金の運用に関する情報提供はどのように行われますか?

A. 運営管理機関は、加入者に対して定期的に運用状況の報告を行い、運用商品の変更情報や市場動向など、運用に関する重要な情報を提供します。

Q. 企業型確定拠出年金の加入者が海外転勤になった場合、年金資産はどうなりますか?

A. 加入者が海外転勤になった場合でも、企業型確定拠出年金の資産は継続して管理され、運用が行われます。海外在住中も運用指図の変更などの手続きを行うことが可能です。

Q. 確定拠出年金制度における加入者の死亡時の手続きは?

A. 加入者が死亡した場合、その年金資産は遺族に払い出されます。受取人の指定がない場合は、法定相続人が受取人となります。手続きには、死亡証明書などの書類提出が必要です。

Q. 企業型確定拠出年金を導入している企業が倒産した場合、加入者の年金資産はどうなりますか?

A. 企業が倒産しても、加入者の年金資産は保護されています。資産は信託等により管理されており、企業の財産とは分離されているため、倒産の影響を受けません。

Q. 企業型確定拠出年金に加入している従業員が退職後、別の企業に再就職した場合、年金資産をどう扱えますか?

A. 加入者が退職後に別の企業に再就職した場合、前の企業での確定拠出年金資産を新たなお勤め先の企業型確定拠出年金へ移換することが可能です。また、個人型確定拠出年金(iDeco)への移換も選択できます。移換には、各年金制度の規約に従った手続きが必要です。

Q. 確定拠出年金制度の加入を検討している事業者が最初に行うべきステップは?

A. 制度導入を検討する事業者は、まず、専門家に相談し、制度のメリットとデメリットを理解することから始めるべきです。その後、労使間での合意形成、運営管理機関の選定などのプロセスに進みます。

Q. 確定拠出年金制度において、加入者が自己資産をアクティブに運用したい場合、どのような選択肢がありますか?

A. 加入者が自己の資産をアクティブに運用したい場合、運営管理機関が提供する多様な運用商品から選択し、自身で運用方針を定めることができます。また、定期的に運用商品の見直しを行うことで、市場環境の変化に応じた運用が可能です。なお、金融機関が提供できる金融商品には上限があります。長期的な資産形成を目的としていることから、低リスクな商品が準備されています。

Q. 企業型確定拠出年金に加入している従業員が退職する際、未払いの掛金がある場合の処理方法は?

A. 退職時に未払いの掛金がある場合、企業と加入者は未払い掛金の支払い方法について合意する必要があります。可能な選択肢としては、一時金での清算、退職後も一定期間掛金の納付を続ける、などが考えられます。

Q. 確定拠出年金の資産を早期に引き出すことはできますか?

A. 原則として、確定拠出年金の資産は60歳まで引き出すことはできません。ただし、法律で定められた特定の理由(重度の障害など)がある場合に限り、早期引き出しが可能です。

Q. 加入者が退職後に確定拠出年金の資産を管理するためにはどうすればいいですか?

A. 加入者が退職後に確定拠出年金の資産を管理するためには、個人型確定拠出年金(iDeco)への移換や、新たに就職した企業の年金制度への加入などの選択肢があります。それぞれの選択肢には手続きが必要になります。

Q. 企業が確定拠出年金制度を導入する際に考慮すべき最初のステップは何ですか?

A. 企業が確定拠出年金制度を導入する際の最初のステップは、制度の目的とメリットを明確にし、従業員のニーズと企業の財務状況を考慮した上で、専門家に相談することです。これにより、企業にとって最適な年金制度を設計する基盤が築かれます。

Q. 企業型確定拠出年金において、市場の下落期にどのように資産を保護すべきか?

A. 市場の下落期には、資産の分散投資、定期的なポートフォリオの再バランス、リスク低減戦略の導入などにより、資産を保護することが推奨されます。

Q. 確定拠出年金の運用に関する情報を加入者が理解しやすくするためには、どのような工夫が必要ですか?

A. 加入者が運用情報を理解しやすくするためには、専門用語を避けたわかりやすいな言葉遣い、動画などの視覚的な資料の提供、定期的な教育セミナーの開催など、理解しやすい情報提供が必要です。

Q. 小規模企業が企業型確定拠出年金を導入する際の主な障壁とは何ですか?

A. 小規模企業が企業型確定拠出年金を導入する際の障壁には、コストの負担(初期費用20万円程度)、管理の複雑さ、適切な運営管理機関の選定、従業員からの参加の促進などがあります。これらの障壁を克服するために、専門家の支援を受けることが有効です。

Q. 確定拠出年金資産の運用における最大のリスクは何ですか?

A. 確定拠出年金資産の運用における最大のリスクは、市場の変動による資産価値の減少です。リーマンションのような出来事が起これば、短期的にほぼすべての投資信託の成績が短期的に悪化します。長期的な視点を持ち、分散投資や定期的なポートフォリオの調整を通じて、このリスクを管理することが重要です。

Q. 確定拠出年金制度における加入者の自主的な学習推進のために、各事業者はどのようなサポートを提供できますか?

A. 各事業者は、定期的な金融教育セミナーの開催、運用方法や年金制度に関する情報提供の強化、オンライン学習リソースへのアクセス提供など、加入者が自ら学習し、適切な運用判断を下せるよう支援できます。

Q. 企業型確定拠出年金の導入を検討する際に、従業員からの意見や要望をどのように収集すべきですか?

A. 従業員からの意見や要望を収集するには、アンケート調査、ワークショップの開催、従業員代表との定期的なミーティングなどが効果的です。これにより、従業員のニーズを反映した年金制度を設計することができます。