メールのバウンス率とは?また、その値はどのように判断すべき?

メールマーケティングにおいて、バウンス率は送信されたメールが受信者に届かなかった割合を示します。この率が高いと、マーケティングキャンペーンの効果が低下し、送信者の評価にも悪影響を与えかねません。

バウンス率を理解し、適切に管理することは、メールキャンペーンの成功に直結します。今回はバウンスの種類、計測方法、そしてその率を効果的に低減する方法について解説します。

バウンス率とは何か

メールマーケティングにおけるバウンス率は、送信したメールが受信者のメールサーバーによって受け取られなかった割合を示します。バウンスされる理由は多岐にわたりますが、主なものには、

  • 受信者のメールアドレスが無効である
  • メールサーバーが一時的に利用不可である
  • 受信者のメールボックスが満杯である、

などがあります。

また、メール内容がスパムと見なされる場合もバウンスの一因となります。

これらのメールは送信者に戻され、送信失敗とされるため、バウンス率が高いと送信者の評価が下がり、配信可能性に悪影響を及ぼします。バウンス率の管理は、メールマーケティングの成功を左右する重要な要素です。

バウンスの2つ種類がある

バウンスには「ハードバウンス」と「ソフトバウンス」の二種類があります。

ハードバウンスとは

ハードバウンスとはメールアドレスが完全に無効であるためにメールが配信されない状態を指します。

この状態は永久的なものであり、

  • タイプミスによる誤ったメールアドレス
  • 既に存在しない、または使用されていないメールアドレス
  • 実際には存在しないドメインにメールを送った場合

などに発生します。ハードバウンスが多い場合、メールリストの更新が必要です。

ソフトバウンスとは

ソフトバウンスは、メールが一時的な問題により配信できない状態を指します。

これには、受信者のメールボックスが一時的に満杯である、メールサーバーがダウンしている、または送信されたメールが大きすぎて受信ボックスの容量を超えている場合などが含まれます。ソフトバウンスは通常、問題が解消され次第、メールが正常に配信される可能性があります。

バウンス率を測定する方法

バウンス率の測定は、メールマーケティングキャンペーンの成果を正確に理解するために不可欠です。バウンス率は以下の式で計算されます。

バウンス率 = バウンスしたメール通数 / 送信した総メール通数 × 100

例えば、1000通のメールを送信して、そのうち50通がバウンスした場合、バウンス率は

バウンス率 =  50 / 1000 × 100  → 5%

となります。

この指標を追跡することで、メールリストの質、送信者の評判、またはキャンペーンの設定に問題がないかを評価することができます。低いバウンス率は、メールリストが健全であり、送信設定が適切に管理されていることを示します。

定期的にこの率を測定し、必要に応じてメール戦略を調整することが、効果的なメールマーケティングを維持する鍵です。

3%以下が理想的なバウンス率

メールマーケティングにおける理想的なバウンス率は、一般的に3%以下と広く言われています。これは、100通のメールにつき3通以下がバウンスすることを意味し、メールリストが高品質であることを示しています。

業界によっては、バウンス率が異なることもありますが、一般的には1%から2%の間が健全とされています。

バウンス率が3%を超える場合、メールリストに不正確なデータが含まれているか、送信設定に問題がある可能性があります。高いバウンス率は送信者の評価に悪影響を与え、メールがスパムとみなされるリスクを高めます。

したがって、メールキャンペーンを実施する際には、常にバウンス率を監視し、3%以下を維持することが望ましいです。送信リストの健全性を保ち、キャンペーンの効果を最大限に引き出すことができます。

バウンス率を低減するための対策とは

メールマーケティングにおけるバウンス率を効果的に低減するためには、いくつかの重要な戦略があります。これらの戦略は、送信リストの質を向上させ、送信者の評判を保護し、キャンペーンの成果を最大化するのに役立ちます。

有効なメールアドレスの確認方法

メールリストに含まれる各アドレスが有効であることを確認することは、バウンス率を低減する上で最も基本的なステップです。これを実現する方法としては、電子メール検証ツールを使用して、メールアドレスが実際に存在し、受信可能であるかを確認します。

当社が提供するサービスを通じて、

  • メールアドレスが正しい形式であるか
  • ドメインが有効であるか
  • スパムトラップや使われていないアドレスではないか

などをチェックが可能です。

ダブルオプトインの利用

ダブルオプトインプロセスは、ユーザーがメールリストに登録する際に2度の確認を行う方法です。

ユーザーがメールアドレスを入力後、確認のためのリンクが含まれたメールが送信され、そのリンクをクリックすることで初めてメールリストに追加されます。この方法は、誤って入力されたメールアドレスや意図しない登録を防ぎ、より質の高いリードを確保するのに役立ちます。

メーリングリストの定期的なクリーニング

メーリングリストを定期的にクリーニングし、非アクティブなアドレスや反応のない受信者をリストから削除することも重要です。

リストのクリーニングを行うことで、送信するメールのターゲットを絞り込み、エンゲージメントを高めることが可能になります。また、ハードバウンスやソフトバウンスを経験したアドレスは速やかにリストから除外することが推奨されます。

メールクリーニングサービス

コンテンツと送信頻度の最適化

メールの内容と送信頻度を適切に管理することも、バウンス率を低減する上で非常に重要です。

スパムと見なされる可能性のある言葉やフレーズを避け、受信者にとって価値のある情報を提供するように心がけてください。

また、送信頻度は受信者が快適に感じる範囲に保ち、過度に多いメール送信によるリストの疲弊を避けることが肝要です。頻度の最適化は、ユーザーの反応を見ながら調整するのが良いでしょう。

これらの戦略を組み合わせることで、メールマーケティングのバウンス率を効果的に低減し、キャンペーンの成果を向上させることができます。

バウンス率が5%を超えるとどうなるか

メールマーケティングにおいてバウンス率が5%を超えると、いくつかの重要な問題が発生する可能性があります。

5%というバウンス率は、メールキャンペーンの健全性に対する警告サインと見なされるため、この閾値を超えることは、送信者の評判に即座に悪影響を及ぼし、メール配信能力にも影響を与えることがあります。高いバウンス率が持続すると、次のような問題が発生する可能性があります。

送信者の評判の低下する

高バウンス率は、使用されているメールリストの質が低い、またはメンテナンスが不十分であることを示しています。

これにより、ISP(インターネットサービスプロバイダー)やESP(メールサービスプロバイダー)がその送信者をスパムとしてマークする可能性があります。その結果、送信されるメールがスパムフォルダに直行することが増え、受信者のインボックスに届く確率が低下します。

メールキャンペーンの効果低下

メールが正常に配信されないと、キャンペーンのリーチが低下し、結果的に期待されるエンゲージメントやコンバージョンが減少します。マーケティングのROI(投資利益率)が悪化し、キャンペーンの全体的な効果が低下する可能性があります。

アカウントの制限または停止のリスク

多くのESPでは、継続的に高いバウンス率を記録するアカウントに対して警告を発したり、最悪の場合アカウントを停止する措置を取ります。これは、ネットワーク上での信頼性を保つための措置です。

もしバウンス率が5%を超えていたら

バウンス率が5%を超えた場合、すぐに原因を特定し、適切な対策を講じる必要があります。

データの分析

メールがバウンスする原因を特定するために、どのメールアドレスが頻繁にバウンスしているのか、またその理由は何かを分析します。

ESPのカスタマーサポートチームへの連絡

問題が解決しない場合や、アカウントに制限がかかった場合は、使用しているメールサービスプロバイダーのサポートチームに連絡を取ります。サポートチームは、問題の特定と解決のための指導を提供できます。

リストの精査とクリーニング

メーリングリストを精査し、古いまたは反応のないメールアドレスを削除します。また、ダブルオプトインのプロセスを導入することで、新しく収集するメールアドレスの質を保証します。

メールマーケティングにおいてバウンス率を適切に管理することは、キャンペーンの成功を左右する重要な要素です。定期的にバウンス率をチェックし、5%未満に保つための戦略を継続的に実施することが重要です。

最後に

バウンス率の適切な管理は、メールマーケティングの成功にとって非常に重要です。

高いバウンス率は送信者の評価を低下させ、メール配信能力に悪影響を及ぼします。

  • 定期的なメールリストのクリーニング
  • 正確なメールアドレスの確認
  • ダブルオプトインの採用など

を通じてバウンス率を最小限に抑えることで、キャンペーンのリーチと効果を最大化し、受信者との関係を強化できます。バウンス率を低く保つことで、メールマーケティングの目標達成に向けた確実な一歩を踏み出すことができます。

2024年2月からは、Gmailに対して1日5,000通以上のメールを送信する場合、DMARCによる認証が求められるなどメール配信に関連する数値的な管理がどんどん求められる時代になってきております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA