ホームHome > 成長戦略プレイブック > 配信リスト > メール登録時にメールアドレスの有効性を確認する機能を実装する

メール登録時にメールアドレスの有効性を確認する機能を実装する

デジタル時代において、メールコミュニケーションはビジネスの核心部分を占めています。しかし、メール登録プロセスにおいてしばしば見落とされがちなのが、登録時のメールアドレスの有効性の確認です。

無効なメールアドレスがシステムに登録されることは、お客さまのエンゲージメント低下、メールキャンペーンの成果不足、さらには送信リストの品質低下につながりかねません。では、現実的にどのような手段を使ってメールの有効性を確認するのか確認していきたいと思います。

メールアドレスの有効性を確認する方法

メールアドレスが実際に存在しているかどうかを確認する方法はいくつかありますが、完璧な方法はありません。いくつかの一般的な方法を確認していきたいと思います。

まず、最もクラシックで確実な方法の一つは、シンプルにそのメールアドレスに実際にメールを送信し、バウンス(送信失敗)が発生するかどうかを確認することです。

登録時にメールをクリックしてもらうことで、登録完了とさせることで有効性が一気にあがります。また、サンキューメールなどでメールがバウンスせず、エラーメッセージが返されなければ、そのメールアドレスは有効である可能性が高いです。

SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)サーバーによる検証

SMTPを使用したメールアドレスの検証は、ビジネスにおけるメールコミュニケーションの効率化において重要な役割を果たします。SMTPを用いることで、リアルタイムでメールアドレスが実際に存在し、アクティブであるかどうかを確認できます。

特に、新規お客さまの登録やメールキャンペーンの効果測定において重要です。有効なメールアドレスのみをシステムに保持することで、メールキャンペーンの成果を高め、無効なアドレスによるバウンスのリスクを減らすことが可能になります。

しかし、SMTP検証にはいくつかのデメリットも存在します。メールサーバーによっては、セキュリティ上の理由から外部からの検証要求をブロックしている場合があります。

サーバーへの問い合わせが頻繁に行われることで、そのドメインがスパムとみなされるリスクも生じます。さらに、メールサーバーの応答時間が不確定であるため、ユーザーエクスペリエンスに悪影響を与える可能性も考慮する必要があります。

これらの問題に対応するためには、メール検証プロセスを適切に設計し、セキュリティとユーザビリティのバランスを取ることが重要です。

例えば、ユーザーがメールアドレスを入力した後、バックグラウンドでSMTP検証を行い、その結果に基づいてユーザーに適切なフィードバックを提供する方法が考えられます。また、メールサーバーへの問い合わせ回数を制限し、特定のドメインに対する検証要求を調整することも有効です。

SMTPによるメールアドレス検証は、ビジネスにおけるメールコミュニケーションの質を高めるための一つの手段ですが、その実装には慎重な計画と適切なセキュリティ対策が必要です。効果的なメールアドレス検証システムを構築することで、ビジネスのメール関連業務の信頼性と効率を大きく向上させることができます。

もし、SMTPサーバーを活用した検証を行う場合、次のような手順で対応します。

SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)サーバーで検証するための手続き

SMTPによるメールアドレス検証を実装する場合、以下の手順に従って進めることが一般的です。このプロセスには、SMTPサーバーへの接続、メールアドレスの検証要求の送信、およびサーバーからの応答の解析が含まれます。

  1.  SMTPサーバーへの接続メールアドレスのドメインに対応するSMTPサーバーへの接続を確立します。これは通常、DNSルックアップを使ってメールサーバーのアドレスを見つけ、そのサーバーに対してSMTPコマンドを送信することで行います。
  2. HELOコマンドの送信SMTPセッションを開始するために、サーバーに「HELO」または「EHLO」コマンドを送信します。これはSMTPプロトコルにおける一般的な挨拶コマンドです。
  3. MAIL FROMコマンドの送信次に、「MAIL FROM」コマンドを使用して、送信者のメールアドレスをサーバーに通知します。このアドレスは、実際のメール送信時に使用されるアドレスでなくても構いません。
  4. RCPT TOコマンドの送信検証したいメールアドレスを「RCPT TO」コマンドに含めてサーバーに送信します。これにより、指定されたアドレスがサーバー上に存在するかどうかを確認します。
  5. サーバーからの応答の解析サーバーからの応答を解析して、メールアドレスが有効かどうかを判断します。サーバーが250番の応答コードを返す場合、メールアドレスは有効と見なされます。
  6. セッションの終了検証が完了したら、「QUIT」コマンドを送信してSMTPセッションを終了します。
  7. エラーハンドリングとセキュリティ対策の実装エラー処理とタイムアウト処理を実装して、サーバーが応答しない場合やエラーが発生した場合に対処します。また、メールサーバーへの負荷を考慮し、過剰なリクエストを送らないように注意します。

実際のコーディングにはPHPや他のバックエンド言語の知識が必要です。また、この方法はメールサーバーによっては機能しない場合があるため、実装前に詳細なテストを行うことが重要です。SMTPによる検証はセキュリティリスクを伴う可能性があるため、適切なセキュリティ対策を講じることが不可欠です。

メール検証サービスを活用する

SMTPによる検証手法では、実際にメールアドレスが有効かどうかの確認は可能ですが、それだけでは不十分な場合があります。

SMTP検証では、主にメールアドレスが存在するかどうかを確認することに重点が置かれています。これは、送信先のメールサーバーがそのメールアドレスを受け入れるかどうかをチェックすることにより行われます。しかし、この方法には限界があります。

例えば、メールアドレスが形式的に正しくても、それが実際に使用されているアドレスであるか、またはスパムトラップや使い捨てメールアドレスでないかなどは判断できません。

また、SMTP検証はサーバーへの負荷が高いという問題もあり、頻繁に大量の検証を行うと、サーバーから拒否される可能性があります。

これらの問題に対処するためには、より洗練されたメール検証方法が必要です。メール検証サービスを使用すると、メールアドレスが実際に有効で使用されているかどうかをより詳細に分析できます。

これらのサービスは、メールアドレスの形式チェックに加えて、ドメインの有効性、メールアドレスがスパムトラップや使い捨てアドレスでないかを検証します。

さらに、リアルタイムでの検証や、大量のメールアドレスの一括検証機能も提供されるため、大規模なメールキャンペーンやお客さまの登録プロセスにおいても効率的に活用できます。

このようなメール検証のサービス提供事業者としてZeroBounceなどが使われます。

ZeroBounceのサービスについて

ZeroBounceはメールアドレスの有効性を確認し、メールリストの品質を向上させるためのサービスです。その仕組みは、以下の様に構築されています。

https://www.zerobounce.net

  1. メール検証プロセスZeroBounceは、メールアドレスが実際に存在し、有効であるかどうかを確認するために複数のステップを実行します。このプロセスには、メールアドレスのフォーマットチェック、ドメインの検証、SMTPチェックが含まれます。これにより、メールアドレスが実際に存在し、受信可能な状態であるかどうかが判定されます。
  2.  高度な検証機能ZeroBounceは、ただメールアドレスの有効性を確認するだけでなく、使い捨てのメールアドレス、スパムトラップ、虐待メールアドレスなどのリスクの高いメールアドレスを識別する能力も持っています。これにより、メールリストの品質をさらに向上させることができます。
  3. リアルタイム検証ZeroBounceはリアルタイムでメールアドレスを検証する機能を提供しています。これにより、ウェブサイトの登録フォームやチェックアウトプロセス中にメールアドレスを即座に検証し、無効なアドレスの入力を防止できます。
  4. APIの統合ZeroBounceはAPIを提供しており、これを使用して既存のシステムやウェブサイト、アプリケーションに簡単に統合できます。これにより、ビジネスの既存のワークフローにシームレスにメール検証機能を追加できます。
  5. セキュリティとプライバシーの保護ZeroBounceはGDPR、SOC 2 Type 2、PCIに準拠しており、軍事レベルのデータ暗号化を使用しています。これにより、検証プロセス中のメールアドレスのセキュリティとプライバシーを確保しています。
  6. 日本で使われている幅広いプラットフォームとの互換性ZeroBounceは、WordPress(プラグインあり)、WooCommerce、Shopify、Salesforceなど、多くの一般的なプラットフォームと互換性があります。これにより、さまざまなビジネスニーズに合わせてメールアドレスの検証を簡単に実装できます。
  7. 24時間365日のサポートZeroBounceは、いつでもサポートを提供しており、メール配信性の改善やその他の問題に対して専門的なアドバイスを提供します。日本語は対応していませんが、通訳ソフトなどを使ってコミュニケーションを実現します。

これらの特長により、ZeroBounceはメールマーケティングにおける有効なツールです。メールリストの品質向上、バウンス率削減、メール配信率の改善に貢献し、ビジネスのメールコミュニケーションを効果的にサポートします。

最後に

メールアドレスの有効性を確認することの重要性を再度強調したいと思います。ビジネスにおけるメールコミュニケーションは、お客さまとの接点を築くための基盤となり、その効果はメールリストの品質に大きく依存します。

無効なメールアドレスがリストに含まれることは、自社ドメインに悪影響を与えるとともに、メールキャンペーンの成果を著しく低下させ、結果としてビジネスの貴重なリソースの無駄遣いにつながります。

SMTPによる検証は有効な手段ではありますが、リスクと限界も抱えています。これに対し、より高度なメール検証サービスを活用することで、これらのリスクを軽減し、より確実にメールアドレスの有効性を確認できます。高度な検証プロセスによって、メールリストの品質が向上し、メールマーケティングの成果も大きく改善されます。

デジタルマーケティングの効果を最大化するためには、メールアドレスの有効性の確認という基本的なステップを踏むことが不可欠です。これにより、メールキャンペーンの成果を高め、長期的にビジネスの成長とお客さまの満足度向上に寄与することにつながります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA