ホームHome > 成長戦略プレイブック > 開封率とクリック率の向上 > メールのABテストで開封前の要素をテストする

メールのABテストで開封前の要素をテストする

ABテストは、デジタルマーケティング戦略の中で重要な役割を果たします。この手法を使用することで、

  • マーケターはウェブサイト
  • ランディングページ
  • マーケティングメール

などの異なるバージョンを比較し、特定の目標に基づいてどのバージョンが最も効果的であるかを判断することができます。このプロセスは、特にコンバージョンレートの最適化において、非常に重要です。

コンバージョンレートとは、ウェブサイト訪問者が目的とされるアクション(例えば、商品購入、メルマガ購読、フォームの記入など)を完了する割合を指します。高いコンバージョンレートを達成することは、ビジネスの成功に直結し、収益の増加につながります。

メールマーケティングにおいて、開封率はキャンペーンの成功を測る上での重要な指標です。ご承知の通り、メールは開いて読んでもらわないと何も始まりません。つまり、最初に乗り越えなくてはいけない壁はメールの開封率なのです。

メールの開封率を向上させるための要素とは

開封率を向上させるためには、受信者がメールを開封する前に見える複数の要素を最適化することが重要です。これには、件名、プレヘッダー(メールの最初の行で、メールクライアントによってプレビューとして表示される部分)、送信者名、送信者のメールアドレスなどが含まれます。

これらの要素は、受信者がメールを無視するか、興味を持って開くかを決定するため、非常に重要です。

メールの開封率を上げるための一般的なアプローチは、これらの異なる要素のバージョンをテストすることです。

例えば、件名に関しては、異なる言葉遣い、長さ、トーンを試し、どのスタイルが最も関心を引くかを見ます。

プレヘッダーも同様に、異なるメッセージで実験することで、どのメッセージが受信者の好奇心を刺激するかを判断できます。よくある例ですが、「特別」と「限定」のABテストを行ってください。これだけでも結果は変わります。

また、送信者名とメールアドレスも、正式なものから親しみやすいものまで、さまざまなスタイルを試してみる価値があります。

これらの要素をテストする際、最も効果的な方法は一度に1つの要素だけをテストすることです。これにより、どの要素が開封率に影響を与えているかを正確に特定できます。

例えば、あるテストでは件名のみを変更し、別のテストではプレヘッダーのみを変更するという具合です。このアプローチにより、各要素の影響を個別に分析し、より正確な結果を得ることができます。

テストは、リストのサンプルグループに対して行われます。リストは会員番号の奇数偶数などに分けて活用ください。登録時期グループを作ると違う結果が生まれます。必ず、Apple to Appleを意識ください。

異なるバージョンをこのサンプルグループに送信し、どのバージョンが最も高い開封率を生み出すかを観察します。そして、最も効果的だったバージョンをメールリストの残りの部分に適用します。これにより、全体的な開封率を最適化し、メールキャンペーンの効果を最大限に引き出すことができます。

このプロセスを通じて、マーケターは受信者の好みや行動を理解し、より個人化された、効果的なメールコンテンツを提供することができ、より高いエンゲージメントと、メールマーケティングキャンペーンの成功につながる可能性があります。

メールの開封率を最適化することは、お客さまとの関係を深め、長期的なビジネス成果に寄与する重要なステップです。

ABテストの実施方法

ABテスト機能を提供するメールサービスプロバイダー(ESP)を選び、テストを設定します。

1. メールサービスプロバイダー(ESP)の選択

多くのESPは、ユーザーフレンドリーなインターフェイスと詳細なレポーティング機能を提供しています。適切なESPを選ぶことで、テストの設定と分析が容易になります。

  • ABテスト機能を提供するESPを選択。
  • ユーザーフレンドリーなインターフェイスと詳細なレポーティング機能を備えたESPを選ぶ。

2. キャンペーンのカスタマイズ(バージョンAの作成)

テストするキャンペーンをカスタマイズします。この段階では、メールの件名、プレヘッダー、送信者名、送信者のメールアドレス、そして本文を含むメールの全要素を考慮に入れます。これらの要素は、受信者の関心を引き、開封率に大きな影響を与えます。バージョンAとして、これらの要素を含むキャンペーンを作成します。

  • 件名、プレヘッダー、送信者名、送信者のメールアドレス、本文を含むキャンペーンを設計。
  • これらの要素が含まれるキャンペーンをバージョンAとして作成。

3. バージョンBの作成

バージョンAを基に、バージョンBを作成します。ここで重要なのは、バージョンBではバージョンAから1つの変数(例えば、件名またはプレヘッダー)だけを変更することです。これにより、どの要素が最も効果的かを明確に判断できます。

  • バージョンAのコピーを作成し、1つの変数(例:件名やプレヘッダー)のみを変更。
  • この変更されたキャンペーンがバージョンBになる。

4. 複数バージョンの作成

上記のABだけでなく、さらに多くのバージョン(例えば、バージョンC、Dなど)を作成し、異なる要素をテストすることもできます。

  • 必要に応じて、さらに多くのバージョン(例:バージョンC、D)を作成。
  • 各バージョンで異なる要素をテスト。

5. テストサンプルサイズと基準の設定

キャンペーンの異なるバージョンを作成したら、テストサンプルサイズを決定します。サンプルサイズは、結果の信頼性を確保するために十分な大きさでなければなりません。また、どのバージョンを「勝ち抜けバージョン」とするかの基準を設定します。通常、最も高い開封率やクリック率を達成したバージョンが選ばれます。

  • テストサンプルサイズを決定。
  • 勝ち抜けバージョンを選択するための基準(例:最高の開封率)を設定。

6. 送信スケジュールの設定

テストサンプルと勝ち抜けバージョンの送信スケジュールを設定します。この段階では、テストを行う日時や期間を決定し、キャンペーンの効果を最大限に引き出すための戦略を練ります。

  • テストサンプルと勝ち抜けバージョンの送信スケジュールを設定。

7. 結果の分析と適用

ABテストが完了すると、異なるバージョンのどれが最も効果的だったかを分析します。この分析から、お客さまの好みや行動に関する貴重な洞察を得ることができ、これを将来のキャンペーンの改善に活用します。例えば、特定の件名スタイルが高い開封率を引き出した場合、そのスタイルを他のキャンペーンにも適用することが考えられます。

  • ABテストが完了した後、どのバージョンが最も効果的だったかを分析。
  • 得られた洞察を将来のキャンペーンの改善に活用。

このプロセスを通じて、効果的なメールコンテンツを作成し、マーケティングキャンペーンの成功を確実にすることができます。

最後に

ABテストは、デジタルマーケティングの成果を最大化するための重要な手段です。適切に実施されたABテストは、メールマーケティングキャンペーンにおける開封率の向上に大きく貢献し、最終的にはコンバージョンレートの増加に繋がります。

このテストを通じて、マーケターは受信者の好みや行動を深く理解し、よりパーソナライズされた効果的なメールコンテンツを提供することが可能になります。

また、異なる要素のバージョンをテストすることで、どの要素が開封率に最も影響を与えるかを明確に特定できます。このプロセスは、受信者がメールを無視するか、興味を持って開くかを決定する上で非常に重要です。

ABテストの結果を分析し、得られた洞察を将来のキャンペーンの改善に活用することで、メールマーケティングの成功をさらに高めることができるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA