ホームHome > 成長戦略プレイブック > 到達率の向上 > お客さまへの最適なメール配信頻度とは

お客さまへの最適なメール配信頻度とは

メールマーケティングは、お客さまとの関係を築き、製品やサービスを宣伝する効果的な手段ですが、メールの送信頻度を適切に管理することを忘れてはいけません。送信頻度は、メールが受信者のメインインボックスに届くか、それともスパムフォルダーに迷い込むかに大きく影響します。

適切な送信頻度を見つけることは簡単なことではありません。

送信が少なすぎると、お客さまとのつながりを保つ機会を逃します。一方で、送信が多すぎると、迷惑と感じられ、スパムとして扱われるリスクが高まります。

さらに、不規則な送信パターンは、ISP(インタネットサービスプロバイダー)によるメールの評価にも悪影響を及ぼし、配信性の低下を招く可能性があります。ISPは送信パターンを監視し、一定のリズムで送信されるメールを信頼性が高いと判断します。

そのため、定期的かつ予測可能なスケジュールでメールを送ることが、配信性を維持する上で重要です。

メールマーケティングの効果を最大限に引き出すためには、メールの送信頻度を慎重に計画し、受信者の反応を常に監視する必要があります。

メールマーケティングにおける最適な配信頻度の見つけ方

メールマーケティングにおける最適な送信頻度の見つけ方は、ブランドと受信者の間でのバランスを見つけることから始まります。このバランスを見つけるためには、まず、少なすぎず多すぎず、受信者にとってちょうど良い頻度を定める必要があります。

一方で、一定の良い頻度を一概に定めることが難しく、業界やターゲットオーディエンスによって大きく異なります。そこで重要になるのが、一貫性を保つことです。定期的にメールを送信することで、受信者はあなたのメールを予想しやすくなり、ブランドへの信頼感を築くことができます。

例えば、毎週水曜日にニュースレターを送るなど、一貫したスケジュールを設定することが重要です。さらに、ターゲットオーディエンスの好みや行動を深く理解することが、適切な送信頻度を見つける鍵となります。

お客さまの反応を監視し、開封率やクリックスルーレートなどのメトリックを分析することで、彼らがどの程度の頻度でメールを受け取りたいかの傾向を掴むことができます。アンケートを利用して直接フィードバックを求めることも有効な方法です。

お客さまからの直接的な意見は、彼らのニーズや好みを理解する上で非常に貴重な情報となります。

技術を活用した最適な配信頻度の見つけ方

メールマーケティングの成功は

  • 適切なメールサービスプロバイダ(ESP)の選択
  • IPアドレスのウォーミングアップ
  • Send Time Optimization(STO)ツール

の使用は、キャンペーンの成果を最大化する上で欠かせません。

ESPの選び方とIPのウォーミングアップ

ESPを選ぶ際には、提供する機能、サポートの質、使いやすさ、そして価格を慎重に検討する必要があります。また、ESPが提供するIPアドレスの評判も重要です。新しいIPアドレスを使用する場合、そのIPの「ウォーミングアップ」が必須となります。

これは、少量のメールから始めて徐々に送信量を増やし、ISPに良好な送信者としての評判を築くプロセスです。このステップは、ISPが新しいIPアドレスからの大量のメールをスパムと見なすのを防ぐために重要です。

STO(Send Time Optimization)ツールの活用

STOツールは、各受信者がメールを開封する可能性が最も高い時間を自動的に特定し、その時間帯にメールを配信することで、開封率とエンゲージメントを最大化します。このツールを活用することで、一括送信ではなく、受信者ごとにカスタマイズされたアプローチを取ることが可能になります。

実践的なステップ

  1. ESPの選定: ニーズに合った機能を提供し、良好なIP評判を持つESPを選びます。
  2. IPウォーミング: 新しいIPアドレスを使用する場合は、ウォーミングアッププロセスを計画的に実施します。
  3. STOツールの活用: 受信者ごとに最適な送信時間を特定し、パーソナライズされたメール配信スケジュールを作成します。

成功事例(ベストプラクティス)

  • 一貫性:ESP選定からIPウォーミング、STOの活用に至るまで、メール配信戦略全体で一貫性を保ちます。
  • テストと最適化:様々な送信時間、頻度、コンテンツをテストし、最も効果的な戦略を見つけるために結果を分析します。
  • 受信者のフィードバックに注意を払う:受信者の反応をモニタリングし、フィードバックに基づいて送信戦略を調整します。

これらの技術と戦略を活用することで、メールマーケティングキャンペーンはより効果的になり、受信者のエンゲージメントと満足度を高めることができます。正しいツールとアプローチを選択することが、メールマーケティングの成功への鍵となるのです。

STO(Send Time Optimization)を詳しく学ぶ

STOは、メールマーケティングの世界で革命的な機能の一つです。セグメントごとの配信設定を手作業で行わなくてよくなる革命的な機能です。

この技術を利用することで、各受信者がメールを開封する可能性が最も高い瞬間を自動的に特定し、そのタイミングでメールを配信することが可能になります。結果として、

  • メールの開封率
  • CTR(クリックスルーレート)
  • コンバージョン率

の向上が期待できます。

STOの背後にあるアイデアはシンプルですが、その効果は絶大です。

受信者がメールをチェックする日時は人それぞれ異なり、一律の送信スケジュールでは最適な結果を得ることができません。STOを活用することで、個々の受信者の行動パターンに基づき、メールがトップに表示される確率を最大化することができるのです。

現在、市場にはSTO機能をメールマーケティングキャンペーンに組み込む様々なプラットフォームが存在しています。

など日本でもなじみ深いプラットフォームが技術を提供しています。これらのプラットフォームは、メールマーケティングの効果を最大化するための先進的なツールを提供し、キャンペーンの成功に不可欠な要素を提供します。

もし既にメールマーケティングを管理するためのプラットフォームを利用している場合は、そのプラットフォームがSTO機能を提供しているかどうかを確認し、提供されている場合は積極的に利用することをお勧めします。

STOを活用することで、メールキャンペーンの効率性と効果性を格段に向上させることができるため、マーケティング戦略において有効なツールとなるはずです。

MailChimpのSTO

STO(Send Time Optimization)を活用することで、メールを送る最適な時間帯を見つけ出す推測作業を省くことができます。STOはデータサイエンスを用いて、連絡先が最も関与しやすい時刻を特定し、その時刻にメールを送信します。

この機能を使うことで、メールキャンペーンの効果を最大限に引き出すことが可能になります。

MailChimpのSTOは、Standardプラン以上での有料版で利用可能です。また、最適な送信時刻を計算するためには、過去のメール送信から得られる十分なデータが必要ですし、アカウントに設定されたタイムゾーンで日中に5時間以上の余裕がある場合にのみ使用できます。

STOはMailchimpの

  • 通常メール(テキスト)
  • ABテストメール
  • 多変量メール

に使用できますが、自動化されたメールでは利用できません。

Mailchimpのお客さまは多くの人々に対して大量のメールを送信しており、これらの人々の中には複数のMailchimpアカウントからメールを受け取っている人もいるかもしれません。

Mailchimpは個々のエンゲージメントパターンに関するデータをいくつか保有しています。STOをオンにメールを作成するとき、このデータを使用して選択した送信日の24時間以内に理想的な時刻を見つけ出し、その時刻にメールを送信します。

STOを通じて、メールマーケティングの成果を高め、受信者のエンゲージメントを向上させるために、これらの具体的な手順を踏むことが重要です。 Mailchimpのようなプラットフォームは、このプロセスを簡素化し、マーケターがより効果的なキャンペーンを実施できるよう支援してくれます。

https://mailchimp.com/help/use-send-time-optimization/

Brevo(旧Sendinblue)のSTO

BrevoにおけるSTOは、BusinessおよびBrevoPlusオファーで利用可能です。ただし、ABテストメールキャンペーンや専用IPウォームアップオプションを有効にしたメールキャンペーンでは、「Best time(Brevoの名称)」機能は使用できませんのでご注意ください。

キャンペーンの設定手順をすべて完了したら、キャンペーンのテスト送信や本送信の準備が整います。画面の右上にある「Schedule」オプションから、「Send now」、「Schedule」、そして「Best time」の中から選択できます。「Best time」を選択することは、キャンペーン結果を最大化する最も簡単な方法です。

「Best time」を選択すると、Brevoはデータサイエンスを用いて、連絡先が最もエンゲージメントを示す可能性が高い時間をその日のうちに特定し、24時間以内にメールを送信します。

Brevoによる最適な送信時間は、最適な開封率を目指し、個々の受信者ごとに最適な送信時間が計算されます。特定の連絡先が以前にBrevoからメールキャンペーンを受け取ったことがない場合、最適な送信時間は以下に基づいて決定されます。

  •  既にBrevoでメールキャンペーンを送信している場合は、すべての連絡先の平均開封率とクリック率の最適時間に基づきます。
  • まだ Brevoでメールキャンペーンを送信したことがない場合は、Brevoのすべての連絡先の平均開封率とクリック率の最適時間に基づきます。ただし、最良の結果を得るためには、数回のメールキャンペーンを送信した後に「Best time」オプションを使用します。

Brevoは、送信する各キャンペーンから学習し、各連絡先にとっての最適な時間が時間とともにより正確になります。

今日中にキャンペーンを送信したい場合でも「Best time」を使用できますが、一部の連絡先にとって最適な時間が過ぎている場合は、次の日の24時間以内にメッセージが送信されます。

https://help.brevo.com/hc/en-us/articles/4887607089810-Send-Time-Optimization-Send-your-campaign-at-the-best-time

最後に

適切なメール送信頻度を見極めることは簡単ではありませんが、少なすぎると顧客とのつながりを失い、多すぎるとスパムとみなされるリスクが高まります。一貫性のある送信スケジュールを設定することで、ISPの信頼を得て配信性を維持することができます。

メールマーケティングにおける最適な配信頻度を見つけるための具体的な方法として、一貫性の重要性や、ターゲットオーディエンスの好みや行動の理解が鍵ですが、技術的な面では、適切なESPの選択、IPのウォーミングアップ、そして特にSend Time Optimization(STO)ツールの活用が今後ますます不可欠になるかと思います。

メールマーケティング戦略にSTOを組み込むことで、各受信者に最適な時間にメールを送信し、開封率、クリックスルーレート、そして最終的なコンバージョン率を向上させることができます。

STOを提供するプラットフォームを活用することで、メールマーケティングの効果を最大化し、顧客満足度を高めることが可能できるはずです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA