ホームHome > 成長戦略プレイブック > メールマーケティングのライフサイクル管理 > かご落ちメールの対策。3つの注意点!

かご落ちメールの対策。3つの注意点!

かご落ちメールは、ECサイトがカート放棄問題に対処するうえで非常に重要なツールです。

このメールは、お客さまがオンラインショッピングカートに商品を入れたものの、何らかの理由で購入手続きを完了しなかった際に送られます。かご落ちメールの主な目的は、お客さまとの交流を再開し、購入プロセスを完了させることで、失われた購入機会を回復させることにあります。

適切なかご落ちメールには、ただカート内の商品をリストアップするだけでなく、お客さまに再びサイトに戻って購入を完了させるためのインセンティブも含めるとさらに効果が高まります。

例えば、割引や特別なオファーを提供することで、お客さまの関心を引き戻し、購入への追加の動機を与えることができます。このような戦略は、お客さまにカート内の商品を思い出させると同時に、転換率を高める効果があります。

かご落ちメールを設定するうえで気を付けたい3つのこと

各ECサイトが準備している、かご落ちメールの設定をする上で、次の3つは考えて設定するようにしてください。

かご落ちメールの配信タイミング

かご落ちメールの成功は、その内容とタイミングに大きく依存します。

お客さまが関心を持っている商品に焦点を当て、購入に至らなかった理由を察知し、その障壁を取り除くような内容を盛り込むことが重要です。また、メールを送るタイミングも考慮する必要があります。

カート放棄後すぐに送ることで、お客さまの記憶が新鮮なうちに再度アプローチすることができます。

効果的なかご落ちメールは、お客さまとの継続的な関係を築く上での重要な手段となり、ECサイトの売上向上に大きく貢献する可能性があります。

タイミングの最適化を実現するためには、複数の手法を組み合わせてアプローチする必要があります。まず、過去のカート放棄データを分析し、お客さまがカートを放棄した後どのくらいの時間で購入に戻る傾向にあるかを理解することが重要です。

ABテストを実施し、異なるタイミングでメールを送信し、その反応を比較します。例えば、カート放棄後すぐ、数時間後、1日後などの異なるタイミングでメールを送り、最も効果的なタイミングを見つけ出すことができます。このテストは、お客さまの行動パターンや購買傾向をより深く理解するのに役立ちます。

さらに、お客さまを異なるグループに分けるセグメンテーションを行い、それぞれのグループに最適なタイミングでメールを送ることも有効です。例えば、即決型のお客さまと熟考型のお客さまには異なるタイミングでアプローチするなど、お客さまの特性に合わせたカスタマイズが効果を高めます。

業界のベンチマークやトレンドも参考にすることが重要です。同業他社の情報を集めたり、業界全体のデータを分析し、一般的に有効とされるタイミングを参考にしますが、自社のお客さま基盤に合わせて微調整することが必要です。GoogleのAnalyticsを活用して分析するのも一つの手段です。

商品やサービスを購入したのちに、直接お客さまからフィードバックを得ることも有益です。お客さまにメールのタイミングに関するお客さまの声を集め、彼らの好みや反応を理解することで、より効果的なタイミングを見極めることができます。

市場やお客さまの行動が常に変化するため、タイミングの最適化は一度きりの作業ではありません。継続的にデータを監視し、市場の変化やお客さまの行動の変化に応じて、メール配信のタイミングを適宜調整することが重要です。これらのアプローチを組み合わせることで、かご落ちメールのタイミングを最適化し、その効果を最大限に引き出すことが可能になります。

メールは必ずパーソナライズ化させる

かご落ちメールにおいて、パーソナライゼーションと魅力的な件名はお客さまの関心を引きつけ、メールの開封率と反応率を高めるために非常に重要です。

パーソナライゼーションでは、お客さまに個人化された体験を提供します。これはメール内でお客さまの名前を使うことから始まります。

例えば、メールの文頭で

「[お客さまの姓名]さま こんにちは!」

といった形式を取り入れることで、より個人的な接触を生み出します。この手法はブランディングにもつながります。

また、お客さまの過去の購入履歴や閲覧履歴に基づいて、お客さまの好みに合わせた商品を推薦することで、メールの内容がお客さまにとって関連性の高いものになります。お客さまが以前に示した興味に基づいて、関連するカテゴリーやブランドの情報を提供することも、関心を持続させる効果があります。

見てもらわないとゼロと同じ。件名はパワフルに!

メールの件名は、そのメールが開かれるかどうかの決め手となります。ここでは、お客さまの興味を引き、行動を促すような言葉を選ぶことが重要です。

例えば

  • ご確認ください!これがあなたのカートに残されたアイテム
  • 数に限定があります。見逃せないオファーをお届け!

といったフレーズを使うことで、お客さまの好奇心を刺激します。さらに、お客さまがカートに入れた具体的な商品に言及することで、個人的な関連性を強化し、

[商品名・サービス名]は[お客さまの姓名]さま のお帰りを待っています!

のような形も面白いと思います。また、時間の制限を示唆する言葉を用いることで、お客さまの行動を促すことができます。

これらの手法を上手く組み合わせ、かご落ちメールをより魅力的かつ効果的なものに変えることが可能です。お客さまに合わせたパーソナライズされた内容を提供し、関心を引く件名でメールの開封率を高めることで、最終的には購入に至る確率を上げることができます。

かご落ちメールの件名に関する記事はこちら。

最後に

かご落ちメールは、お客さまとの関係を強化し、ECサイトの売上を向上させるための非常に効果的な手段です。これらのポイントを念頭に置き、戦略的かつ慎重にかご落ちメールを設計し、実装することが重要です。正しく実行されれば、かご落ちメールはお客さまのエンゲージメントを高め、カート放棄率を低減させることができるはずです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA