ホームHome > 成長戦略プレイブック > メールマーケティングのライフサイクル管理 > 再エンゲージメントメールでリストの更新を続ける

再エンゲージメントメールでリストの更新を続ける

再エンゲージメントは過去にあなたのブランドに興味を持ち、何かしらの行動(例えば、メールのリンクをクリックするなど)を取ってくれたユーザーに、もう一度関心を持ってもらうための方法です。これはユーザーが以前にあなたのウェブサイトを訪れたり、メール広告をクリックしたりした後で、彼らが何らかの理由で離れてしまった場合に特に有効です。

具体的には、これらの「離れてしまった」ユーザーに対して、新たな広告やメッセージをウェブサイトやアプリ上で表示します。この行動の目的は、彼らの興味を再び引きつけ、ブランドに戻ってきてもらい、最終的には商品やサービスの購入など、望む行動を取ってもらうことです。

例えば、ウェブサイトを訪れたが購入を完了しなかった顧客に対して、購入を促す広告(リターゲティング広告・リマーケティング広告)を表示することがこれにあたります。このような再エンゲージメントのアプローチは、顧客との関係を強化し、ブランドへのロイヤリティを高めることに寄与いたします。

一方でマーケティングにおけるファネルとの違いについてもしっかり理解しておく必要性があります。

再エンゲージメントとマーケティングファネルの関係

再エンゲージメントキャンペーンは、マーケティングファネルの概念と密接に関連していますが、それぞれの役割は異なります。

マーケティングファネルは、顧客がブランドを初めて知る時から購入し、最終的にロイヤルカスタマーになるまでのプロセスを描いています。このファネルの中で、潜在顧客は段階的に深い関与へと導かれます。

一方で再エンゲージメントキャンペーンは、このファネルの中間または後半部分に位置し、以前はブランドと関わりを持っていたが活動が低下した顧客をターゲットにします。

再エンゲージメントの目的は、関与が薄れた顧客に再度アプローチして、彼らをファネル内のより高い関与レベルへと引き戻すことです。このプロセスにおいて、顧客の過去の行動データを基にパーソナライズされたメッセージが重要な役割を果たします。

例えば、eコマースサイトでカートに商品を追加したが購入を完了しなかった顧客に対して、購入を促すメールを送ることは、カート落ちを減少させ、売上を増加させる効果があります。

再エンゲージメントキャンペーンは、マーケティングファネル全体のコンバージョンを最適化する手段としても機能します。ファネルの最終目標は、潜在顧客を購入者に転換することにありますが、再エンゲージメントは特定のアクションへの転換を促すことで、このプロセスを支援します。

例えば、一定期間アプリを使用していないユーザーにメールを送り、アプリへの復帰を促すことで、顧客の生涯価値(LTV)を延ばすことができます。

再エンゲージメントキャンペーンはマーケティングファネルの重要な要素であり、顧客との長期的な関係構築や高い顧客生涯価値の実現に不可欠でです。ブランドと顧客の持続的な関係を築くために、再エンゲージメント戦略を効果的に活用することが、マーケティングを成功に導く1つの鍵となります。

再エンゲージメントの重要性について

メールマーケティングにおける再エンゲージメントは、企業と顧客との関係を深め、ブランドへの忠誠心を強化するために非常に重要な役割を果たします。これは、以前に何らかの形でブランドと関わりを持ったが、最近は関与が減少しているユーザーを対象とします。

過去に示された関心や行動を分析することで、これらのユーザーが今後も製品やサービスを利用する可能性が高いと特定されます。再エンゲージメント戦略を通じて、これらのユーザーに再度アプローチすることで、マーケティング活動の成果(ROI)を最大化することができます。

再エンゲージメント戦略の実施方法は、顧客にとって魅力的なパーソナライズされたメッセージや特別なオファーから開始します。

例えば、以前に特定の商品に関心を示した顧客に対して、その商品の割引情報や関連する新商品の紹介を行うことがあります。また、顧客の過去の購買履歴や行動パターンに基づいて、個々の顧客に合わせたメールコンテンツを作成することで、彼らの関心をより効果的に引き戻すことが可能です。

結果として顧客がブランドに再度関心を持ち、積極的に関与するきっかけを作ることができます。

このようなアプローチは、顧客がブランドとの関係を再評価し、製品やサービスへの関心を再燃させる機会を提供し、顧客のロイヤルティが高まり、長期的な顧客関係が構築されることに繋がります。

再エンゲージメントキャンペーンの実施方法

再エンゲージメントキャンペーンを効果的に実施するためには、次のステップを踏みます。

ターゲットセグメントの作成

例えば、過去12ヶ月間にあなたのEメールキャンペーンを開封またはクリックしていない人々を特定し、彼らを一つのグループ(セグメント)にまとめます。

キャンペーンの送信

このセグメントに対して特別なキャンペーンを送信します。このキャンペーンには、受信者があなたのコミュニケーションをこれからも受け取り続けたい場合にクリックすべき、明確なコール・トゥ・アクション(CTA)ボタンを含めます。このCTAは、再エンゲージメントのために特別に作成されたランディングページにリンクしていることが望ましいです。

反応の分析とリストのクリーニング

キャンペーン実施後数日で、クリックリストをチェックし、CTAをクリックした受信者を特定します。そして、元の連絡先リストから非アクティブなセグメントの受信者を削除または退会させ、CTAをクリックした受信者のみをリストに再度追加します。

このプロセスを通じて、実際にあなたのコミュニケーションに関心がある受信者を特定し、メールリストの品質を保ちながら、長期的に購読者を維持することができます。

年間で見ると、一般的にEメールリストの約25%が失われることがありますが、再エンゲージメントキャンペーンはこの損失を減らし、価値のある顧客関係を維持するのに役立ちます。

最後に

再エンゲージメントキャンペーンは、過去にブランドに関心を示したが活動が低下した顧客に再度アプローチし、彼らを取り戻すための重要な手法です。これにより、顧客の関心を再燃させ、彼らのブランドへの忠誠心を高めることができます。

マーケティングファネルの一環として、再エンゲージメントは顧客との持続的な関係を構築し、彼らをより高い関与のレベルへと引き上げます。このプロセスでは、パーソナライズされたメッセージングとセグメンテーションが鍵となり、顧客に合わせたキャンペーンを通じて彼らの行動を促します。

キャンペーンの具体的な手順としては、まず最近の活動が少ない顧客のセグメントを作成し、彼らに特化したキャンペーンを送信します。このキャンペーンでは、受信者が今後もコミュニケーションを続けたいと望む場合にクリックすべき明確なCTAを設けます。

反応の分析を行い、実際に反応した顧客をリストに再登録することで、非アクティブな受信者を効果的にフィルタリングします。

この方法により、年間で約25%のEメールリストが失われる可能性を軽減し、価値ある顧客関係を維持します。再エンゲージメントは、顧客の行動に基づいたマーケティング戦略を最大化し、長期的な顧客エンゲージメントとブランドロイヤリティを築くための重要な手段となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA