ホームHome > 成長戦略プレイブック > 開封率とクリック率の向上 > 開封率に影響あり!件名の隣に存在する「メールプリヘッダ」の力

開封率に影響あり!件名の隣に存在する「メールプリヘッダ」の力

メールのプレヘッダー(またはプレビューテキスト)は、メールがメールの受信箱で表示されたときに件名の後に続く要約テキストです。

この短いテキストは、件名と送信者情報と共に、メールを開く前に受信者が見ることができる数少ない要素の一つです。この短いテキストは受信者がメールを開く・開かないの判断に大きな影響を与えるのです。

メールプレヘッダーの長さとその効果について

メールマーケティングにおいて、プレヘッダーの長さはその効果に直接影響を及ぼします。受信者が使用するデバイスやメールボックスの種類によって、表示されるプレヘッダーテキストの長さは大きく異なります。

一般的に、プレヘッダーは40文字から140文字の間で最適な情報を伝えることができるとされています。しかし、特にモバイルデバイスを使用している場合、スクリーンのサイズが限られているため、プレヘッダーテキストはさらに短くなりがちです。

実際、多くのモバイルデバイスでは、プレヘッダーは30文字から55文字の範囲で表示されることが一般的です。

この変動性を理解することは、メールキャンペーンの設計において重要です。短すぎるプレヘッダーは情報を十分に伝えられない可能性があり、長すぎると重要な情報がカットされてしまうリスクがあります。

受信者のデバイスを考慮に入れつつ、最も効果的なメッセージを伝えるプレヘッダーの長さを選択することが必要です。このバランスを見極め、受信者の注目を引き、メールを開かせるような魅力的なプレヘッダーを作成することが重要です。

メールのプレヘッダーは、受信者がメールを開くかどうかを左右する重要な要素であり、明示的に記入されていないと、多くのメールクライアントはメッセージ本文の最初の行やコードをデフォルトで表示します。

これは、受信者にとって意味をなさない情報になる可能性があります。そのため、プレビューテキストを簡単に変更できるEmail Service Provider(ESP)の選択は、効果的なメールマーケティング戦略において重要です。

効果が出るプレヘッダーテキストの書き方

プレヘッダーを書く際の最も重要なポイントは、それが件名の論理的な続きであることを確認することです。件名が受信者の注意を引き、プレヘッダーがその興味をさらに深めるように構成する必要があります。

単に同じメッセージを繰り返すのではなく、新しい情報や追加のインセンティブを提供することで、メールの開封率を高めることができます。一つのストーリーを作るのです。

また、パーソナライゼーションは、メールマーケティングにおいて常にキーとなります。プレヘッダーも例外ではありません。受信者の名前や過去の行動に基づいた情報を組み込むことで、メッセージに個人的なタッチを加え、受信者の関心を引き、メールが開封される可能性を大幅に高めることができます。

さらに、絵文字の使用は、受信者の注意を引き、メールのオープンレートを高める効果的な方法です。色と視覚的な要素は、テキストだけのメッセージよりも目を引くため、絵文字を適切に使用することでメールの魅力を高めることができます。

なお、絵文字使用については慎重になる必要があります。異なる文化では同じ絵文字に対して異なる反応を示すことがあります。そのため、ターゲットオーディエンスの文化的背景を理解し、不適切な解釈を避けるために適切な絵文字を選択することが重要です。

メールのプレヘッダーテキストはこう書く!

プレヘッダーが明示的に設定されていない場合、多くのメールクライアントはメッセージ本文の最初の行やHTMLコードを自動的に表示します。これは、受信者にとって意味をなさない情報を送ることになります。

このようなことを避けるため、プレビューテキストを自由に変更できるEmail Service Provider(ESP)を利用することが推奨されます。プレヘッダーは、件名のストーリーを続けるテキストとして機能し、受信者にメールを開封するインセンティブを提供すべきです。

プレヘッダーテキストのベストプラクティス

プリヘッダーテキストを考えるとき、次のような方法を活用して、メールの開封率を上げるようにします。

パーソナライゼーションの活用

メールを個人宛にカスタマイズすることで、受信者の関心を引くことができます。

例えば、

山田さん、特別オファーをご用意しました!

のように受信者の名前をプレヘッダーに含めることで、直接的なコミュニケーションを築き、メール開封率を高める効果が期待できます。

また、”From 送信者名”を入れることで、メルマガ担当者のブランディングもでき、よりメールを親しみをもって読んでくれるようになるはずです。受信者が自分だけのために用意されたメッセージと感じることで、メールを開く動機付けになります。

興味をそそる質問を使用

受信者の好奇心を刺激する質問をプレヘッダーに設定することで、彼らがメールを開封するきっかけを作り出します。

新しいキャンペーンを見逃してませんか?

のような問いかけは、受信者に直接話しかけることで、彼らが何か重要な情報を見逃しているのではないかという気持ちを抱かせ、メールを開くインセンティブを与えます。

絵文字の効果的な使用

絵文字は、プレヘッダーテキストに色と個性を加える素晴らしい方法です。ただ、絵文字の選択には注意が必要です。

文化的な違いによっては、同じ絵文字が異なる受け取り方をされることがあります。適切な絵文字を使用することで、メールが受信トレイで目立つようにし、受信者の関心を引きますが、その使用は目的と受信者の好みに合わせて慎重に行うべきです。

価値を強調する数字の使用

数字を使用することで、メールの価値を具体的に伝えることができます。

全商品20%割引!」や「あと3日で終了!」などの表現は、受信者に対して具体的な価値や緊急性を伝え、彼らがメールを開封する理由を明確にします。数字は目を引きやすく、受信者がメールの内容をすぐに理解するのに役立ちます。

件名の繰り返しを避ける

プレヘッダーは、件名とは異なるアプローチでメッセージを補完する機会です。件名がメールの目的を示す場合、プレヘッダーではそのメリットや具体的な内容を紹介することで、受信者の好奇心をさらに引き出すことができます。

今だけの特別限定オファー!」という件名に対して、「山田 太郎さまへ。お気に入りの商品を今だけ特別価格で!」とプレヘッダーで補足することで、メッセージに深みを加え、受信者の関心を高めます。

大胆な声明や約束で開始

受信者の注意を引くためには、大胆な声明や魅力的な約束をプレヘッダーで行うことが効果的です。「あなたの人生を変える情報がここに!」のようなプレヘッダ

最後に

メールプレヘッダーは、受信者がメールを開封するかどうかに直接影響を与える重要な要素です。適切に設計されたプレヘッダーは、メールマーケティングキャンペーンの成功率を大幅に高めることができます。

今回の記事に沿ってプレヘッダーを最適化することで、受信者の関心を引き、メールの開封率を向上させることが可能です。メールマーケティングの戦略を見直す際には、プレヘッダーの力を最大限に活用して、受信者との関係を強化し、目標達成に繋げましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA